建築パースの可能性を探る

プレゼンへ活用

建築パースを製作するにあたり、どうやって活用すれば最大限のプレゼン効果が出るのか、迷うところではありますよね。

実際、多くのコンペでは3Dで製作された綺麗な建築パースが使われており、工事を受注する際の可能性を高めております。

最近ではコンピューターを使ったものではなく、逆にアナログに色鉛筆を使った建築パースも存在します。

アナログな分、建築士としての知識だけではなく、芸術的な分野での才能も必要ですが、CGとは違う温かみがあり、それはそれで効果的ですね。

どういった形にしろ、プレゼンを行ううえでの活用法はさまざまあるわけで、業者に建築パース作成を依頼する際には、きちんとしたクオリティーを提供してくれるところを探すのが効果的ですね。

他社様にも定評のある、本格的なCGパースを製作。建築パースシェルパ

フォトリアルCGパース

通常建築パースを製作するときにはイメージデザインから打ち合わせします。

その際になるべく実態にあった形で3D性を出し、その上にCGにかぶせて完成度を増してゆくわけです。

技術的にはフォトリアルCGパースなどハリウッド映画にも使用されるようなリアリティーを追及した建築パースがたくさんあります。

フォトリアルCGパースは設計段階でのプレゼンから広告いたるまで、あらゆるシーンで絶大なる効果を発揮できるので、現在最も好まれる手法の一部です。

CGデータを活用

もし設計会社の方ですと、すでに社内でCGデータを作成している場合が多いと思います。

そういった方へは、CGデータを元により本格的なクオリティーへアップさせることが可能です。

すでにある3次元データを無駄なく、有効に活用できるので、形状作成費用が安くなり格安でのCG制作が可能になります。

ただし、3DCADソフトに寄っては、互換性に差が出るので、詳しくは依頼する建築パース技術屋さんに確認してみるのがいいでしょうね。