リフォームするなら

リフォームこそ建築パースをうまく活用

通常、リフォームを依頼する際には、知り合いや紹介してもらった工務店やリフォーム業者へお願いすることが多いと思います。

しかし、工務店によっては設計事務所を通さずに直接工事を手がけてしまう所が多々あります。

そこで、設計事務所に一度相談して、建築パースを作ってもらい、リフォーム完成後の予想図をうまく利用することをお勧めいたします。

費用はいくら?

リフォームを行うための費用はいくらかかるのか?

実際は結構アバウトで、言い値とまではいかないにしても、その相場はあってないようなものです。

少なくても、2社以上の工務店に見積もりを取り、さらに素材の単価を知っている設計事務所に提案してもらうことで、正当な価格を知ることができます。

そこで初めて予算を照らし合わせ、どこまでリフォームするのか決めても遅くないと思います。

リフォームする場所としない場所

実際、リフォームはお金がかかるので、殆どの方が一部的なリフォームで終わっていると思います。

その場合、リフォームする場所としない場所が出てきますよね。

以外にこのリフォームしない場所のことを考えている人は少ないのですが、完成後の見栄えや設計上の問題において結構需要だったりします。

たとえば、今は台所だけだけど、将来的には茶の間もリフォームするつもりの場合、あらかじめ、その部分の設計も頭に入れておかなければ、後々ちぐはぐな家になってしまいますよね。

しかも耐震関係のことまでしっかり頭に入れておかなければ、取り返しのつかない状態にだってなりえます。