パースの歴史

パースの歴史

この30年の間だけでも建築パースの使われ方や、表現方法も大きく変わってきています。

従来までとは違い、現在では部分的に対応できない内容も出てきており、パース資格試験も閣下検定として定められ、技術の分野においてもCADやCGなど、時代のニーズとともに種類も増え続けています。

あらゆる技法は、1つの表現手段にすぎませんし、その元となるのは人間がものを見る目であり、観察力なのだと思います。

ですが、時代の要請としてさまざまな技術が求められる時代でして、全ての技術を網羅する必要があり、どれだけ合理的に勉強して行くかという点が、問題として挙げられます。

ここでは、出来るだけ多くのプロセスを掲載することで、いかに分かりやすくポイントを押さえて、勉強する手順や手助けが出来ればと思っています。

パースとは

今更かもしれませんが、パースとは何かについて描いていこうと思います。

簡単に云うと、建築や内装の完成予想図のことで、建築やインテリアの世界では、出来上がるまで商品を公開しないで仕事をすることが常としているところが多いです。

出来上がった段階で、イメージとの違いで突き返されてはしまっては、たまりませんので、クライアントにしても不本意なままそこで生活をしていくことは、あまり良いことではないのです。

図面をもとに数値で下書きを描いて、材質感を出来るだけ再現し、尚且つ図面を描いた設計士の意図を崩すことなく伝える事をしなくてはいけません。

言葉を変えるのならば、夢(マイホーム)を形にする通訳とも言えますし、実際に建築パースなどを見て、どういう建物なのか、どういうインテリアなのかが、分かると言うことは少なく無いですから、そういう意味では、図面とともに大切な物なのです。

これからの建築パース時代は、いかにスピーディーに仕上げ、どれだけのクオリティーで提供出来るかということになりますが、CGやCADが出回っている今、そこまで技術の差は出ないと思われます。

これから建築パースを勉強されたいと思っている方は、まずはパースの描き方を勉強した上で、色々なソフトを用いてテクニックを磨いて下さい。

人の夢を形にするわけですから、人生の一部を背負っている事と同じで、責任のある仕事だと言うことを意識して下さい。